★古希は魔法の絨毯に身を委ねて★

名画・魔法の絨毯より拝借

 日本語はなんとかなるとしても、異国語は話せない、聞けない、読めない身がツアーと言う魔法の絨毯に乗っかって思わぬ世界を垣間見ることができました。
 アラコーキになってからの絨毯のお世話になった旅をご紹介します。
 「百聞は五十写に如かず、五十写は一見に如かず」です。
 しかし最近は、魔法の絨毯にはたまにの海外旅行ばかりでなく、行くところ、見るもの、読むもの、全てにお世話になっているようである。
   因みに、私の魔法の絨毯搭乗録を見る。        
 なお左の絵をクリックすると泰西名画の原画が見られます。  

魔法の絨毯搭乗録  お薦めは
21/04雲崗の石屈雲崗石窟 21/11アイスランド2010.4.14 エイヤフイヤトラヨークトル 22/01 インド群像インドは人の国 22/06 河西回廊陽関の烽火台 23/06米 絶 景
               記念品、お土産としてのスプーン
トップページへ戻る

inserted by FC2 system

inserted by FC2 system

inserted by FC2 system inserted by FC2 system